ももたんのこころの声

精神疾患を患っているももたんの、こころの声をお届けします

カウンセリング

わたしの気持ちの整理の仕方

人は自分を責めてしまいがちである 何故、あんなことを言ったのだろう 何故、ああいう行動に出てしまったのだろう あの時こうしていればよかった…etc 自分が嫉妬心を抱くことを恥じ、恨みを持つ自分を恨み、罪悪感を抱えることに怯え… しかし、これらの感情…

孤独を受け入れて生きる

以前、カウンセリングで、こんなことを言われた 「人は、皆、孤独を抱えて生きているんだよ」 人間は産まれる時から死ぬ時まで、自分1人の力で心臓を動かし、呼吸をしようとする 出来ないこと、1人では難しいことは、手伝ってもらいながら、それでも最終的に…

暴走するブリキの車はハンマーで一度叩き潰して〜暴走する感情〜

わたしは以前、カウンセリングで感情の暴走を止めるなら、このタイトルのように訴えたことがある 「わたしのこの暴走する感情は、まるで暴走する壊れたブリキの車のオモチャなの」 自分の暴走しまくる感情や思考を、このようにカウンセリングで比喩表現する…

改めて感じた有り難さ

今日、週に1回受けているカウンセリングの日だった 普段、自分は荒れ放題で、叫んだり醜い言葉を放ったりしてしまうこと、人を羨望の眼差しで見て、そこから憎しみや破壊衝動が出ることも話した 普通なら「おかしい」と言われるであろう感情である 心理士さ…

人の記憶

※2018/12/22 後半に追記あり 主治医から言われた「記憶」に関する情報を以下にまとめました 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 人は記憶を取り入れると超短期記憶、短期記憶、中期記憶、長期記憶に分類されて貯蔵されるそうだ。 そしてそこから再…

看護師さんの言葉

先日、とある看護師さんの話をきいた その看護師さんはYさんといって、還暦超えたくらいの海外でも看護職に従事したことがあるベテランの看護師さんである この日、Yさんは認知症のことについて触れた 以下、Yさんの言葉を綴る 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜…

泣いて暴れて40分

先日、カウンセリングで初めて泣き暴れた 話した内容については個人情報も含まれるので、ひとつ「自分の受けた性被害について」とだけにしておく カウンセリングでフラッシュバックを起こしたのがまずひとつめのきっかけだった 泣き喚いて、机を殴って、ノー…

この1年を振り返って〜いがぐりを投げつけたあの日から〜

今年1年を振り返って… 今年は退院後年明けの1月6日に臨床心理士のK先生の初カウンセリングを受けたのが1年の始まりでした K先生にぼくは冷たい乱暴な言葉をたくさんたくさん投げつけた まるで「いがぐり」を投げつけるように… 「患者として見ないで!1人の人…

この人なら大丈夫と思ったきっかけ

わたしが今の心理士さんと初めて会った時、色んなことを試した わざと乱暴な口調で話したり、適当なことを言ったり、ぶっきらぼうな態度をとったり この人は本当にわたしなんかを担当して大丈夫なのか、散々な態度をとった それでも心理士さんはわたしを否定…

わたしの担当心理士さん

わたしの担当の心理士さんは、本当に素敵な心理士さんです 朝、病院に行くと、いつも決まったソファにわたしは座ります。受付ではその時間帯は心理士さんや先生がたの出勤時間なので、いつも出勤してくる心理士さんや先生がたを眺めながらカウンセリングを待…

今日のカウンセリング

今日は診察とカウンセリングでした 新しい心理士さんになって3回目のカウンセリング 昨日のブログで人格統合したいと書きましたがそのまま伝えました カウンセリングの時に「カウンセリングで話してる自分は本来の自分じゃない」「本来の自分を出したい」と…