ももたんのこころの声

精神疾患を患っているももたんの、こころの声をお届けします

AC

あの時のわたしへ

はじめに このブログ記事には自傷行為に纏わる文言も含まれています。精神的に不安定なかたは、ご注意ください 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 今、わたしは泣いている 涙をボロボロ流して、子どものようにしゃくり上げて 悲しいわ…

わたしの感じる「別れ」

人は、人生で様々な「別れ」に遭遇する 喧嘩別れ、卒業しての別れなど、色々挙げればキリが無いが、その「別れ」の中には、当然だが「死による別れ」もある 以前、自閉症児の親御さんが「この子は人の死の意味がよく理解出来ない、何か大変な事が起こったと…

孤独を受け入れて生きる

以前、カウンセリングで、こんなことを言われた 「人は、皆、孤独を抱えて生きているんだよ」 人間は産まれる時から死ぬ時まで、自分1人の力で心臓を動かし、呼吸をしようとする 出来ないこと、1人では難しいことは、手伝ってもらいながら、それでも最終的に…

暴走するブリキの車はハンマーで一度叩き潰して〜暴走する感情〜

わたしは以前、カウンセリングで感情の暴走を止めるなら、このタイトルのように訴えたことがある 「わたしのこの暴走する感情は、まるで暴走する壊れたブリキの車のオモチャなの」 自分の暴走しまくる感情や思考を、このようにカウンセリングで比喩表現する…

わたしの解離性障害③〜マイワールド〜

解離性障害について綴り始めて3回目のブログ 今回はマイワールド(原初的世界)について書いていこうと思う 以前このブログで「帰るべき場所がきっとある〜わたしのファーストクラス〜」というタイトルで以下のリンクのブログを書いた http://momotan0712.ha…

わたしの解離性障害②〜イマジナリーコンパニオン〜

前回は解離性障害について大まかな説明をさせていただいた ここからはわたしの解離性障害について、より深く掘り下げた上で綴っていこうと思う 先ずは幼少期からのイマジナリーコンパニオン(空想の友達)についてである。ここでもとある記事から引用しつつ…

わたしの解離性障害①〜解離性障害とは〜

今日から自分の解離性障害について、少しずつカミングアウトしていこうと思う 現在一人称は「ぼく」となっているが、性別判断などややこしい為、このカミングアウトでは「わたし」としておこう わたしの解離性障害は「解離転換性障害(かいりてんかんせいし…

改めて感じた有り難さ

今日、週に1回受けているカウンセリングの日だった 普段、自分は荒れ放題で、叫んだり醜い言葉を放ったりしてしまうこと、人を羨望の眼差しで見て、そこから憎しみや破壊衝動が出ることも話した 普通なら「おかしい」と言われるであろう感情である 心理士さ…

この1年を振り返って〜いがぐりを投げつけたあの日から〜

今年1年を振り返って… 今年は退院後年明けの1月6日に臨床心理士のK先生の初カウンセリングを受けたのが1年の始まりでした K先生にぼくは冷たい乱暴な言葉をたくさんたくさん投げつけた まるで「いがぐり」を投げつけるように… 「患者として見ないで!1人の人…

何を求めていたのか…

最近、心理療法に凄く興味が湧いていたのですが、わたしが心理士さんとずっとやりたかったことがいくつかありました 箱庭療法、バウムテストの他に、心理士さんと「絵を描きたい」という気持ちがふと浮かんだのは、ここ2、3日のこと 絵を描くっていっても、…

ブログ再開&近況ー自閉症の疑いー

お久しぶりです。 ブログを更新出来る心境になれたので、近況の報告をまずさせていただきたく思います。 新しく移った病院で、一昨日新たな障害の疑いが発生しました。 わたしは今までずっとアスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)と言われてきましたが、…

解離を起こして、冷静になって考えて

一昨日(正確には昨日の深夜)解離症状(現在は解離性同一性障害の疑い)を起こし、人格が変わり、twitterのふぉろわさんを困惑させてしまい、まずはここにお詫び申し上げます。申し訳ありませんでした。 結局人格は23歳の男性人格(名前はまだ無い)で、出…

ねえ、わたしは…ー心の中ー

※この投稿を読む前に必ずお読みください。この投稿の中には、自虐的な言葉及び人によってはフラッシュバックを起こしかねない言葉が含まれています。フラッシュバックに苦しめられている方は、特に注意して、つらくなった場合はすぐに読むことを中断してくだ…