ももたんの発達と解離ライフ

発達障害・解離性障害当事者であるももたんの声をお届けします

PTSD

わたしの解離性障害④〜色々な顔を持つ〜

わたし自身が抱えている解離性障害について、4回目の投稿 今回は、様々な場面でどのような自分がいるのか?を書いていこうと思う 実は今、入院中であるが、ふと看護師のSさんの歩き方を見て、ハッとした 年齢こそ恐らく彼女のほうが上なのだが、まず歩き方、…

わたしの解離性障害③〜マイワールド〜

解離性障害について綴り始めて3回目のブログ 今回はマイワールド(原初的世界)について書いていこうと思う 以前このブログで「帰るべき場所がきっとある〜わたしのファーストクラス〜」というタイトルで以下のリンクのブログを書いた http://momotan0712.ha…

わたしの解離性障害②〜イマジナリーコンパニオン〜

前回は解離性障害について大まかな説明をさせていただいた ここからはわたしの解離性障害について、より深く掘り下げた上で綴っていこうと思う 先ずは幼少期からのイマジナリーコンパニオン(空想の友達)についてである。ここでもとある記事から引用しつつ…

わたしの解離性障害①〜解離性障害とは〜

今日から自分の解離性障害について、少しずつカミングアウトしていこうと思う 現在一人称は「ぼく」となっているが、性別判断などややこしい為、このカミングアウトでは「わたし」としておこう わたしの解離性障害は「解離転換性障害(かいりてんかんせいし…

とりあえず検査結果みて思ったことをざっと…。

新たに病状がわかりました。 流石にこれには落胆。 とりあえずナルコレプシーがあるか調べることになりましたが、ここで癲癇の疑いが浮上。話をしていて突然話が全て飛んでしまうのが、解離か癲癇かどちらかだということ。その場合特定の医師のみ処方出来る…

鬱、軽度でした、PTSD、重度でした

今までの主治医はわたしの二次障害である症状の1つの鬱を、重度だと判定していました。 たしかに落ち込むし自己否定感は凄いし、でも鬱だから何とかなるかな、と思っていました。 ただ、違和感はありました。 鬱だけど話す時は明るいし、前向きに考えること…