読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももたんの発達障害ライフ

発達障害当事者であるももたんの声をお届けします

初めてのストラテラ

昨日、診察で自分が攻撃的になってしまって止められなくて困っている話をしたら、主治医からストラテラを処方されました。

量は25mgで子ども用の量ですが、物凄く頭がスッキリして、呼吸も楽で、パニックも今のところ起きてません。凄く穏やかな気分で、自分でも驚きを隠せないほど(笑)。

もっと早く出会いたかったですね(笑)。

目立った副作用も無く、落ち着いています。
主治医に感謝ですね。

ただ、昨日静脈注射を打った時、突然苦しくなり、パニックを起こして吐いてしまい、久々に病院内で泣き叫んでしまいました。
看護師さんが水を持ってきて、飲むように促してくれて、一口飲んだ直後に気絶しました。

3時間は意識が無かったです。

やっと目が覚めて、看護師さんが心配してわたしのところへ来てくれて、今後静脈注射をどうするか話しました。主治医の診察をもう一度受け、来週からはセレネースアキネトンではなく、ホリゾンを静脈注射することになりました。

しかし、静脈注射に対して恐怖感を覚えてしまい、またパニックにならないか心配です。

看護師さんは、ここは病院だから、パニック起こしても大丈夫、対応するからねと、みんなに迷惑をかけて申し訳ないと謝るわたしに話してくれました。確かにパニックになった時、他の患者さんはその場を離れてしまったし、何か悪影響を与えたのではと心配でした。
それでも看護師さんは外でパニックになるより病院でなる分には全く問題無いと言ってくれて、本当に優しかったです。

いざとなったらおぶって移動させてあげるからとまで言ってくれました。わたしが78キロもあるのに大変でしょうときいたら、そんなの余裕!と言ってくれました。

看護師さんて、強いんだなぁ、と驚きました。

いつも優しくて、気遣ってくれて、感謝してもしきれません。涙が出るほど嬉しかったです。

ストラテラは本来ADHDの患者さんに多く使われる薬ですが、わたしはADHDではなく、今回ストラテラを処方されたのは、衝動性を抑える為とのことです。

これから長い付き合いになるであろうストラテラ。どうか、わたしと仲良くしてね。