ももたんの発達障害ライフ

発達障害当事者であるももたんの声をお届けします

みんなに生きてて欲しくて、思考を詩にしてみました

思考がまるで詩人になっていたので、書いてみました。

 

-------------------------------------------------------

 

綺麗事だと思われても構わない

僕は君に生きて欲しい 僕も生きていくから

道は別々でいい そんなの当然2人は別人だから

 

僕は何を見せよう 君は何処に行こう?

僕は何をきかせよう 君は何を話そう?

 

泣きたくても泣けない君に

泣くことなど強要しないさ

そんな時は声を出そう 

出せないなら身をよじって全身で叫ぼう

 

僕は何をさし出そう 君はどれを掴む?

僕は何を作ろう 君は何を欲しがる?

 

唇が切れて血が滲んでいても なお

歯を食いしばり続ける君は

それ程毎日緊張の中で戦い生きているんだね

気が済むまで力尽きるまでそれでもいいよ

 

僕は何を歌おう 君は何処を見つめる?

僕は何を提示しよう 君は何を見出す?

 

身動き1ミリ出来ないほどのせめぎ合いに

例え君が負けたとしよう

だからって誰も否定しない 責めもしない

そんなことする奴いたら目を背けよう

 

僕はどんな顔をしよう 君は何て笑うかな?

僕はどんな声出そう 君は何を好むかな?

 

壊れてしまったらそれでもいい

壊れるなりに壊れてしまおう

崩れたものはそのままにはしないよ

瓦礫をすくうように誰かが心すくうから

 

僕は涙を流そう 君は驚くのかな?

僕は小さく叫ぼう 君も声を出すかな?

 

けたたましく鳴るサイレンのように

君が例え突然叫び出し泣き出したとしても

それは君の姿であり心の叫び声でもあるから

そうなることを恐れないで

出せる時に出せるだけ出してしまおう

全てを受け入れることは難しくても

此処には僕もいるだろう 逃げやしない

叫び狂う君の横で僕は 傍観者のように寄り添い

黙って君の気の済むまで 叫ばせてあげるから

声が出なくても身体が動かなくても

例え意識が無かったとしても

君の姿そのものが 君そのものだから

 

偽りなんて捨ててしまえ

我儘本音全て吐き出して

誰が否定する?君はたたかっているのに

嘘で塗り固めていても いずれひび割れて

吹き出るものは君の声無き声

街中で泣こうが叫ぼうが それはたたかった証

 

一頻り大暴れしたら

さあ 布団に潜って眠ろうか

包み込まれて 抱きしめられて

静かな癒しの闇に吸い込まれたら

 

僕は涙を流そう 君は笑ってくれるかな?

僕は涙を流そう 君は照れ臭そうに

 

僕は明日を見せよう 君は昨日を笑おう

僕は今日を笑おう 君も今日を笑おう

 

明日見えなくてもいい 今日を生きればいいさ

未来わからなくてもいい 今を大事にしよう

 

僕も君も道は別で それは2人他人だからで

他の人もそれぞれに 進んで行けるのなら

 

僕の言葉を笑ってね 僕の言葉に呆れてね

またかと言って放置して いつでも戻っておいで

 

君が君でいられるなら 僕は僕でい続けよう

綺麗事と思われてもいい 爆笑されてもいい

何処かで離れたとしても 君が元気ならいい

 

風が吹いてきたみたいだね

そろそろ布団で冬籠りの準備しよう

 

-------------------------------------------------------

 

書き足りないくらいですが、書いてみました(笑)

綺麗事と笑っていいです

けれど、本音であり、嘘偽りはありません