読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ももたんの発達障害ライフ

発達障害当事者であるももたんの声をお届けします

わたしの担当心理士さん

わたしの担当の心理士さんは、本当に素敵な心理士さんです

 

朝、病院に行くと、いつも決まったソファにわたしは座ります。受付ではその時間帯は心理士さんや先生がたの出勤時間なので、いつも出勤してくる心理士さんや先生がたを眺めながらカウンセリングを待っています

 

今の心理士さんとは、去年の10月にWAIS-Ⅲを受けた時に初めて出会い、担当になったのは今年の1月でした

 

わたしの表現だとその心理士さんは空気みたいな人です。他の心理士さんは風格があったり、特徴があったりするのですが、その心理士さんは特に目立った特徴も見当たらず、何処にでもいる1人のひょうきんな女性だな、というのが最初も今も変わらないです

ただ、笑顔は本当に子どものような笑顔をする可愛らしいかただな、とは思います

 

その心理士さんは、前の心理士さんとはちょっと、いや、だいぶカウンセリングのしかたが違います。前の心理士さんはかなり遠回り遠回りしてゆっくり近づいて問題点を導き出す、という感じでした

今の心理士さんは、かなり慎重ではありますが、言う時はガッツリとわたしの心に直接突き刺さる言葉をかけます

わたしの心は実はその度に揺らいだり軋んだり、様々な形で崩れそうになります

けれど、心理士さんはそこを直接ではないですが、ぐっと抱きしめてくれて、大丈夫、大丈夫!と言い聞かせてくれます

 

表現が適切かはわかりませんが、わたしはカウンセリングの時は心を剥き出しにします。キーッと怒る時もわっと泣く時も、笑う時も裸の剥き出しの心を曝け出します

心理士さんはわたしの表現でいうと、剥き出しの鎧も盾もないわたしの心臓(心)を素手で(見える形で)しっかり支えて守ってくれる、そんな感じです

 

昨日のカウンセリングで、わたしは

「頑張ったよ、頑張って言えるようになったよ、褒めて!」

と少し冗談交じりで、でも少し本気で言いました。すると、心理士さんはわたしの頭をぽんぽん、と撫でて満面の笑みで

「いい子だね、本当に頑張ったね、えらいよ!」

と言いました

その瞬間にわたしは全身の力が「ふにゃっ」となって、思わずにこっと笑ってしまいました

自然とふにゃっとなって笑ってしまうなんて、どのくらいぶりだったか…

誤魔化すようにわたしは

「いい子って、わたしもう31になるよ」

と笑いながら言いましたが、心理士さんはニコニコを止めずにずっとずっと笑顔でわたしを包み込むように見つめて頷いていました

 

わたしの担当心理士さんの笑顔は本当に魅力と抱擁力があるなと思います。受付を済ませて待っていて、足音で気付いて受付を見ると、心理士さんは決まってわたしを見ています。そして、にこっと微笑むのですが、その笑顔で全身の緊張感が抜けるのです

 

その心理士さんと出会い、まだ担当になって2ヶ月半しか経っていませんが、昨日大きな進歩がありました

「さみしい」

「わたしはさみしい」

とわたし自身が自らの言葉で伝えられるようになったのです。凄く自分でも驚きましたし、あ、言えるようになった、とも思いました

あと、支援者さんに対してはっきりと自分の言葉で意思表示を少しずつですが、出来るようになりました

心理士さんに言われるまでもなく

「わたし言えるようになったよ」

と伝えると

「そうだよねぇ、前は言えなかったもんね」

と凄く嬉しそうな顔をして笑ってくれました

 

わたしが最近思うことなのですが、メンタルの治療、心理療法って、苦しくて苦しくて、凄く怖いけれど、奥深くて面白い、楽しい面もあるなと、より一層興味深くなりました

自分の変化が自分で感じられることの喜びも、また心理療法ならではの醍醐味なのかなと思えるようになりました

まだまだゆっくりとしか歩めませんが、心理士さんの力を借りて、わたしは自分の歩みを続けたい、そう思えました

 

そういえば昨日、カウンセリングルームに入った時、わたしが気付いたのは椅子が変わったこと、ロッカーの向きが変わってたこと、カレンダーの位置が変わってたことが変化でしたが、担当心理士さんはその3つどれにも気付いていませんでした(笑)そこでまた心理士さんに

「観察力すごいね」

と笑われたのは言うまでもありません

 

周りからも今年に入って変わったね、と言われました。思えば最初のカウンセリングではわたしはキーキーなっていて、わざと冷たい態度をとったりして、心理士さんを「試して」いました。けれど、心理士さんは勿論動揺もせず驚きもせず、普段の物腰で接してくださったので、わたしは自然と自分の心を曝け出すことが出来るようになりました

 

心理士さんに感謝です

いつも本当に温かく包み込んでくれて、本当に嬉しくて、わたしを見つけ出してくれたことには、感謝しかありません

 

来週もカウンセリングで自分のどのような変化に気付けるか楽しみでなりません