ももたんの発達と解離ライフ

発達障害・解離性障害当事者であるももたんの声をお届けします

看護師さんの言葉

先日、とある看護師さんの話をきいた

その看護師さんはYさんといって、還暦超えたくらいの海外でも看護職に従事したことがあるベテランの看護師さんである

 

この日、Yさんは認知症のことについて触れた

以下、Yさんの言葉を綴る

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

わたし達人間は、いつか歳をとるわね

人間は生まれた瞬間から死に向かっているのよ

どんな形で死を迎えるにしても、楽しいことで頭いっぱいにして逝けるといいわね

 

認知症ってあるでしょう

あれは、わたしはね、神様からの贈り物だと思っているのよ

 

人間ね、意識もはっきりと生きてる間、沢山の苦労をするわね。つらいこと、悲しいことも沢山ある。そして沢山涙流したり、時には死にたいと思うこともあるわね

手のひら返されるように裏切られたり、喧嘩して絶交することもあるのよね

 

認知症の患者さんて見たことある?

子どものようにニコニコして無邪気なお年寄りの方いらっしゃるでしょう

そういう人たちというのは、もしかしたらそのつらいこと、悲しいこと、苦労したことなどをもう忘れてるかもしれない

勿論、それは同時に大切な人のことも忘れてしまうことに繋がるわね

 

でも、その認知症の方たちは、本当に楽しそうにしてることが多いのよね

当然、その人がどんな思いをしてらっしゃるかはわからないわよ。だってわたしはその人ではないもの。その人だけの世界があるのよね

 

そのまんま、楽しい!って思いのまま、苦しみもなく逝けたら、凄く幸せなんでしょうね

残された人たちは悲しむ人もいらっしゃるかもしれないけれど、本人はきっと幸せなのよ

わたしもそのお話を数え切れないご家族のかたにしてきたわ

 

さっきも言ったけどね、認知症の患者さんが全て忘れてしまうのは、つらかったこと悲しかったことを

「もうこの人は充分頑張ったから、楽にさせてあげましょう」

という神様からの贈り物だと思うのよ

勿論そこには今までの記憶が殆ど思い出せないというリスクもね、あるのだけれど

 

全て記憶がはっきりしたまま逝くのはなかなかつらいもんでしょうね。残す家族のこととか考えながらで心配も尽きないでしょうし、いっそ全て忘れてしまえばそれもそれで良いのかもしれない、とね。切ないけれどね

 

あなた達も認知症が良いとは言わないよ、けれど人っていつどうなるかわからないでしょ?その時はその時が来るのよ、お迎えとかもそうよね

その時に

「ああ楽しい、楽しかった人生だった」

と言える、思える人生にしなさい

つらいことの記憶が強いなら、これからの人生それに負けない楽しいことを見つけなさい

そして楽しいでいっぱいにしてごらん

人間経験よ、お勉強もそうだけど、経験なのよ。だから沢山失敗して、悲しい時は思いっきり泣きなさい。楽しい時は思いっきり笑いなさい。悔しいは人を上げるバネになるよ

 

勉強なんて出来なくていい

ただ最後に

「色々あったけど幸せだった」

と胸張って言える人生にしなさい

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

この看護師さんの言葉は、いつまでも心に残しておきたい